FC2ブログ

初冬の青木ヶ原樹海

  富士山麓ガイド 初冬の青木ヶ原樹海

  青木ヶ原樹海も冬を向かえて、めっきり寒くなりました。
  着るものもいよいよ冬支度。ネックウオーマーをつけ、タイツならぬももひきをはいて森を歩きます。

  県道71号と精進登山道の交差点にある小さな駐車場から、大室山のブナ広場へ向かいました。
  入り口はガードレールで閉められていて、歩くよりほか仕方ありません。
  道は幅が3m位あって、かって馬車が通っていた事がわかります。
  
  周りは溶岩台地です。生えている木々は殆ど針葉樹。モミ、アカマツ、トウヒ、イラモミ、ヒノキ。
  中に広葉樹のアセビが目立ちます。さすが溶岩流の先駆植物です。

  初冬の樹海

  20分ほど歩くと大室山のブナ広場につきます。
  まずは、以前ブラタモリでやっていた溶岩流の合流点をめざします。
  これは貞観噴火の溶岩流が大室山を囲んで流れ、再び合流した地点が盛り上がっている場所のことです。

  溶岩流の合流点

  ここは、樹海の針葉樹とブナ広場の境界。
  境界の針葉樹lは、モミ、ウラジロモミ、イラモミ(ハリモミかも)などの大木があり、樹木もまばらです。

  針葉樹の境界

  ブナ広場は、文字通りブナとイヌブナ、ミズナラが多い。
  すでに、これらの落葉樹は葉を落として、臨床はイヌブナ、ミズナラ、ホウなどの落葉で占められています。

  広葉樹の落葉

  樹海を出て、道の駅なるさわから富士山の北麓を撮りました。
  まだ完全な根雪になっていないので、積もっても風に吹き飛ばされてしまう。
  地肌がまばらに見えています。
  
  初冬の富士山北麓

  積雪は、森林限界まで下りていて、下端の雪が厚く、北麓の斜面が凹んでいるように見えます。
  もっと雪が積もって根雪になれば、冬中光輝く北斜面を見せてくれると思います。

  GG
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ