FC2ブログ

安倍峠散策

  富士山麓ガイド

  安倍峠を散策した。
  初夏とは言え、まだかすかに新しい緑の雰囲気が残る奥山。
  静岡県と山梨県の県境。静岡県側からは車で訪れることが可能。山梨県側は土砂の崩落で何年も通行止め。
  
  梅ヶ島温泉からは車で40分位。落石の多い道なので大雨の時はちょっと危ないです。峠の手前の駐車場には20台以上が駐車可能でトイレもあります。
  そこで車を下りて舗装道路を歩きます。県境までは10分位でしょうか。このあたりは熊の目撃情報がある所ですから、みんなでわいわい話しながら進んだ方が良いと思います。
  安倍峠県境

  舗装道路から右の谷をのぞくと旧登山道が見えて周りはオオイタヤメイゲツの純林です。また、舗装道路沿いにはミズナラの新しい葉を観察できます。雄花の枯れたのもまだ、枝にのこっています。
  ミズナラの新緑

  道路を歩き始めたころから、ずっとオオルリのさえずりが聞こえていました。鳥のさえずりでは一番美しいといわれる声です。枯れ木のテッペン(先端)にやっと姿を発見しました。カメラをズームアップして捕らえましたが、手振れが恥ずかしい。
  オオルリの囀り

  車で登ってくる時、駐車場の手前に登山道へ降りる道があります。そこをたどってくればこの看板下の登山道の峠に出ます。
  あたりはオオイタヤメイゲツの純林であることは先に書きましたが、その紅葉を見るなら登山道を行った方がきれいです。
真っ赤な紅葉が観察できます。
  安倍峠看板

  雨も降りそうだし、車に戻って帰りはじめた時、途中の斜面上方にカモシカを見つけました。
  カモシカは、出会うとじっとこちらを見つめる習性があります。車を止めて運転席横からカメラを取り出して映すまで、待っていてくれました。
  安倍峠カモシカ

  鳥のさえずりをたくさん聞けると言われて安倍峠を訪れたが、ほとんどオオルリだけでした。
  安倍の峠を下る様をカモシカが見送っていた。「おまえかー」とつぶやきながら、カーナビに写った決まった道を下った。

  GG
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ