FC2ブログ

富士山でのシカ害対策

  富士山麓ガイド シカ害対策

  今年初めて富士山の中腹、標高1400mに行きました。
 静岡県森林管理署、常葉大学、NPOの共同で富士山のシカ害を防御するためのボランティア活動です。 
  南麓の標高1400mではまだ春の兆しは感じられません。日陰の陥没孔には雪が見つかることもあります。

  MCは常葉大学の山田教授。学生は1年生で2,3年生が各班のリーダーとしてついています。森林管理署からは、4名の署員が指導に当たります。 我々NPOは自然の仕組みを話したり、シカ害対策の作業の方法を教えます。
  学生の赤ヘルを見ると、年配者は昔の全学連を思い出しますが、今の学生には何の事か判らないと思う。しかし、富士山の森では枯れ枝が落ちて怪我をする可能性もあるので、ヘルメットは必需品です。
シカ害対策に参加した学生達

  ここの森は、夏緑樹林帯でブナ、ミズナラ、カエデ類で春は新緑、秋は紅葉で富士山の森では最も美しい森です。
その森で、キハダ、アオダモ、ウラジロモミなどがシカの害を受けて枯れています。


  下の写真は、幹の元の樹皮をシカに一周食べられて枯れてしまったウラジヲモミの大木です。このような枯れ木がこのあたりにはたくさん見られます。これ以上樹皮をはがされたら枯れてしまうだろうという木が非常にたくさんあります。
シカに皮を食べられて枯れた木

  まだ枯れていない木を守るために、幹の根元に網をはってシカが樹皮を食べるのを防止します。その網をはる作業をしている学生達です。
 網は、黒っぽい色で見分けにくいですが、美しい森の景色が損なわれないようにこの色を選んでいます。

網をはる学生達

  この冬を越えられなかった子ジカの死骸です。たぶんえさが無くて餓死したか、何かの病死でしょう。
小鹿の死骸

  小鹿が死んでしまうのも、樹木が樹皮を食べられて枯れてしまうのも、シカの数が多すぎるからです。そしてその原因を作ったのも人間だし、それを改善しようとしているのも人間です。

  GG


   
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ