FC2ブログ

村山浅間神社

富士山麓ガイド 村山浅間神社

  富士山世界文化遺産・構成資産 村山浅間神社。
村山浅間神社は、構成資産として一つにくくられていますが、実際は、神仏習合で神道の浅間神社と仏教の興法寺大日堂が一緒に祀られている施設です。


  国道469を富士宮市または御殿場市側から行くと、北側(富士山側)にスギの巨木が何本も見えるところがあります。そこが村山浅間神社で、神社に向かって左側に駐車場があります。
  駐車場から浅間神社に向かうと石の階段があり上に鳥居が見えます。
村山浅間神社とりい

  鳥居を過ぎると正面に神社の拝殿がみえます。
お参りする人が少ないのがちょっとさみしいです。


村山浅間神社拝殿

 土日や祝日だと、社務所に地元の人たちが勤めていて、御朱印やお守りなどをを求めることができます。
世界文化遺産になる前は、社務所は開かれていなかったので、少し賑やかになりました。

村山浅間社務所
 
  ここの施設は神仏集合で神社とお寺の大日堂が並んでいますが、お参りする人は、ほとんどが大日堂に向かいます。
大日堂は、世界文化遺産になってから建て替えされたお堂で、中にはいくつかの仏像が安置されています。
  次回は、大日堂をご案内します。

  GG







スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ