FC2ブログ

富士山本宮浅間大社を訪ねた

富士山隠れスポット

 こんな暮になって神社を訪ねた。富士宮市の富士山本宮浅間大社です。
御参りする人はこの時期でも結構いました。
正面の鳥居を過ぎて参道を行くと、まず狛犬が迎えてくれます。


富士山隠れスポット狛犬

 次に流鏑馬(やぶさめ)の像が見られます。源頼朝が富士の裾野で巻狩を行った時、流鏑馬を奉納したのが始まりとのこと。
毎年5月4~6日に流鏑馬祭りが行われるので、その時実際に見ることができます。


富士山隠れスポット流鏑馬

 流鏑馬が行われる広場を過ぎると楼門があります。
この楼門、拝殿・幣殿および本殿は桧皮葺(ひわだぶき)の立派な建物で徳川家康の寄造営によるものです。


富士山隠れスポット楼門

 楼門は、左側により帽子をとって一礼して入ります。
境内は掃き清められ、正月の初詣を待つ準備はできているようです。


富士山隠れスポット拝殿

 本殿は、浅間造といわれる2階建てで、この形式はここだけだそうです。
ここに木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)が祀られています。


富士山隠れスポット本殿

 拝殿のすぐ脇には大きなしだれ桜の木があります。桜は浅間大社のご神木ですが、根元に武田信玄御手植の桜と刻まれた岩があります。それによると二世の桜のようです。
頼朝、信玄、家康と多くの武将の寄進を受け、江戸時代は歴代の将軍から庇護を受け、1779年には、富士山の8合目以上を幕府から寄進されています。富士山の8合目以上は国有地ではなく、浅間大社のもので私有地となっています。


富士山隠れスポット信玄

 境内の東側に水が沸いています。その池は「湧玉池」と呼ばれ国指定特別天然記念物です。湧出量は3.6Kl/S。12,960Kl/Hrで、20Klの大型タンクローリーで648台分です。
ここの場所は「万野溶岩流」という溶岩流の末端です。大方の湧き水は、溶岩流の末端の溶岩の割れ目からでています。

富士山隠れスポット湧く玉

 湧玉池の出口です。ここから神田川となって富士川に流れ、駿河湾へ流れていきます。

富士山隠れスポット神田川

 境内の東側の入り口に鳥居があります。ここを出ると左側が登り坂になっていて、万野溶岩流を登って行くことになります。(ブラタモリでやっていました)

富士山隠れスポット鳥居

 浅間大社には、何度も来ていますが、来るたびに新たなことが見つかります。
次に来る時は、どんなことが出迎えてくれるでしょうか。
GG

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ