FC2ブログ

河川敷に咲く野草2

富士山隠れスポット

前回の続きで河川敷で今花が咲いている野草をご紹介します。

マルバアサガオ。
観賞用に輸入されたものが野生化し、野原にはびこって従来の植生をこわしている。花は白、青、ピンクなど多様ですが、何しろどんどん増えて、クズをも凌駕する勢いです。

富士山隠れスポットマルバアサガオ

セイヨウタンポポ。
在来種と違って一年中花が咲いている。でも葉っぱはもうロゼット状で冬支度。花柄も倒れていますが花のすぐ下だけは立ち上がって花を支えています。
富士山隠れスポットセイヨウタンポポ

オニノゲシ。
まだたくさんの花をつけてます。葉のとげに触るととてもいたいです。
富士山隠れスポットオニノゲシ

イヌタデ。
小さな赤い花がまとまってついている。子供たちのままごとでは、昭和時代には赤い花を赤飯にたとえて赤まんまと呼ばれたが、平成の今、この草が身近にあるだろうか。
富士山隠れスポットイヌタデ

ハコベ。
春の七草のひとつ。花びらが10枚に見えるが、実は5枚で1枚1枚が深く裂けています。
富士山隠れスポットハコベ

タネツケバナ。
図鑑によると花期は4~6月。なぜ今咲いているのか判りません。

富士山隠れスポットタネツケバナ

コセンダングサ。
いわゆる引っ付き虫の代表。この仲間は多いが、コセンダングサは繁殖力が旺盛で、関東地方から西では、荒地や川原などでは、特に多いということです。
富士山隠れスポットセンダングサ

富士山。
のどかな小春日和の一日でした。河川敷の公園では、お年寄りがグランドゴルフを楽しんでいました。

富士山隠れスポットフジサン

富士山の麓の遊園地では、すでにスキー(人工雪)やスケートが楽しまれていますが、標高0mの河川敷はまるで春のような日が多く、12月と言うのにこんなのどかな日が続くのが、この地方の特徴です。

GG
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ