FC2ブログ

河川敷に咲く野草

富士山隠れスポット

もう師走。冬になって野原では花が咲いているのか富士川の河川敷に見に行った。
ちょっと歩いただけで、意外とたくさんの花が見つかった。
ほとんどが大体名前を聞いたことがある花ですが、花の写真を接写で撮ると意外となんだかわからないこともあります。


まずはヒメジョオンです。キク科の花は似たようなものが多いので、葉や茎を調べないとなかなか種名を断言ができません。
富士山隠れスポットヒメジョオン

コウゾリナ。名前の由来は茎に硬い毛がたくさんあるので「顔剃り菜」と言われたのが、名前の由来という説があります。だから茎に触ると種名がわかります。
富士山隠れスポットコウゾリナ

セイタカアワダチソウ。今頃は、茎が大きくなく30cm位で、花も小さいです。
富士山隠れスポットセイタカアワダチソウ

アレチハナガサ。最近増えてきた外来種。20年前の山渓のハンディ図鑑には載っていなかった。
富士山隠れスポットアレチハナガサ

ムラサキカタバミ。在来種のカタバミは、花が黄色で葉がもっと小さいので区別がつきます。
富士山隠れスポットムラサキカタバミ

ホトケノザ。同じシソ科のカキドオシにちょっと似ていますが、カキドオシは茎がつる性なので区別がつきます。
富士山隠れスポットホトケノザ

この花はなんだか判りません。初めて見ました。周りを見てもこの一輪だけ。
富士山隠れスポットフメイ

ヨメナ。同じキク科の野菊の仲間に似ています。葉を調べるとわかります。
富士山隠れスポットヨメナ

これで約半分です。
冬なのに結構力強く咲いているものですね。

GG



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ