FC2ブログ

背負子風穴に行った(その3)

 富士山隠れスポット背負子風穴

    背負子風穴第2から第4は何とか見つけることが出来た。
あとは第5を残すのみだ。これまでの延長線上をたどれば良いと思った。

    その延長線上にあった窪みは、記念物重要資料95という洞窟だった。
全く予期しない洞窟だけど、ともかく入ってみた。


富士山隠れスポット背負子95-1看板

    外はそんなに寒くないのに氷筍がたくさんあった。壊さないように降りていって記録の写真を撮った。

富士山隠れスポット背負子95-2氷筍米

富士山隠れスポット背負子95-3氷筍gg

    中から外に向けて写真を撮った。

富士山隠れスポット背負子95-4中から

    外からS氏が中を撮っていた。

富士山隠れスポット背負子95-5外から

    背負子第5を求めてさらに溶岩流を下りながら探した。
すると割合大きな溶岩トンネルをS氏が見つけた。
入口は大きくは無いがはいりやすい。


富士山隠れスポット背負子5?-1入口

入ってみるとしっかりした溶岩トンネル。奥はそれ程長くない。

富士山隠れスポット背負子5?-2溶岩トンネル

まぎれもない溶岩トンネルで高さも2m以上あって幅も4m位。奥行きは30m位だろうか。
富士山隠れスポット背負子5?-3トンネル鈴米

富士山隠れスポット背負子5?-4トンネルgg

    だけど洞窟に鳴沢村が設置した名前の標識が無い。これは背負子第5ではないのだろうか。GPSで確認すると、まもなく精進登山道と出会う距離にいる。

    今回は、背負子2から4を見つけ、記念物重要資料95に出会い背負子第5かと思った洞窟に出会った。
なかなかの成果だ。第5はまた探すことにして、第2に向かって登り始めた。
まもなく背負子山のふもとの遊歩道に出たと思ったら、ほとんどブナ広場に近いところだった。
     第5を見つけたら第1から第5を続けて訪れて見たいと思った。
それにしても樹海の中で出会った、一人で来ていた青年は無事に帰ったのだろうか。
気になる森ではある。
GG
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ