FC2ブログ

富士山南麓の自然林(2)

富士山隠れスポット
富士山の巨木調査に参加した。森では樹木だけでなく、草花やキノコにも出会った。
時季的にキノコの種類が多かった。
この画像は、ツキヨタケ、ヒラタケの意見があった。
柄に黒いシミが見つからなかったので、巨大なヒラタケと私は思ったが・・・・。


DSC04219キノコ

最初に森の中でこれに出会った時、変なものがあるなと思った。
ヤマシャクヤクの種で、赤いのは結実していないもの、黒くて丸いのが結実した種。
これはたぶん、シロ花。ベニバナヤマシャクヤクは盗掘でもうほとんど見ることは無い。


DSC04226ヤマシャク

動物と出会うことはまず、無い。何人かが熊鈴を鳴らしているからか、それを聞いた動物はみんな逃げてしまう。
シカの寝床はいくつも有るけどシカには出会わない。
アカゲラ(もしかしたらアオゲラ)のドラミングはずっと聞こえていたが・・・
この画像はリスの食卓。ウラジロモミのボックリを食べた跡。奥においてあるのは、落ちていたのを私が置いた、やらせ写真。リスが帰ってきたら食べてくれるかな?と。


DSC04224リス食卓

きれいだけと猛毒のレイジンソウ(伶人草)。トリカブトの仲間。トリカブトも咲いていたけど、次のを撮ろうと思っていたら、その後、見かけなかった。

DSC04228レイジン

森を出てからスカイラインを歩いていた時、日当たりの良い道端で見つけたジイソブ。

DSC04231ジイソブ

今回の調査は、スカイラインに平行した標高1300m付近。
登り下りもなく時折スカイラインを走る車の音も聞こえる場所。
たくさんの自然美と出会うことが出来た。
名前はわからない数々のキノコ、シカの寝床、紅葉を始めた葉っぱ。(イタヤカエデ)
また、森に会いに来ようと思う。

G.G.

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ