FC2ブログ

富士山南麓の自然林

富士山隠れスポット
富士山南麓の自然林の巨樹調査に参加した。
林道や遊歩道からはずれて、森の中に入って行く。
調査地帯は、ブナ帯あるいは山地帯といわれる落葉広葉樹のブナやミズナラ、カエデ類の多い所。


IMG_7539南麓樹林

次の画像は、カツラの巨樹。
親の幹は枯れてしまって主幹の周りにはえていた「ひこばえ」の子どもの幹で巨樹に育っている。


IMG_7548カツラ

巨樹調査は、木だけでなく林床の草類も調査する。これはかなり専門的で、私には全くわからない。

IMG_7550林床調査

次の巨樹はミズナラ。ミズナラは巨樹が多い。樹齢も400年以上のものが多いそうだ。

IMG_7559ミズナラ


次の画像はブナ。

IMG_7571ブナ

ブナの樹皮は白い。地衣類が樹皮に着生するのでまだらに見える。
ブナ林は白神山地が有名だが、富士山にも素敵なブナ林は多い。
ブナ帯と言われる標高1300m付近の落葉広葉樹の森は、富士山全体を通して最も美しいスポットだ。


G.G.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ