FC2ブログ

富士山麓ガイド

富士山麓ガイド   青木ヶ原樹海の洞窟訪問
 久しぶりに青木ヶ原樹海にあるいくつかの洞穴を訪問した。
大室入り口の駐車場から洞穴めぐりのコースを左廻りに歩き、本栖風穴№2、石塚火口2、本栖氷穴、本栖風穴№1とめぐり最後は背負子№1をめぐった後、富士風穴を眺めてかえって来た。

最初に行ったのは、本栖風穴№2。

  ロープを張ってあるので、落ちることはないが底をのぞくだけで穴に引き込まれそうになる。
本栖風穴№2

  石塚火口2を覗いてメインルートに戻り、森の中のはっきりしない道を本栖氷穴に進む。
以前は、とてもわかりにくいルートだったが、最近は訪れる人が多いのか、踏み後が大分はっきりして来た。
今回は、中に入らずに入り口の写真を撮るに留めた。

大室氷穴入口

  再びメインルートに戻り本栖風穴№1へ進む。
本栖風穴№1はとても大きな穴で高さも深く、覗くと縮みあがるほどだが、ロープが張られているので外側で見る分には、それほど怖くない。しかし穴の底は見えない。

メインルートを進み大室山の麓に出る。新緑がとても美しい場所だ。

大室山の麓の新緑

  大室山の麓を戻る。イヌブナが多いブナ広場に着くと、時間がまだあるので背負子風穴に向かう。
この道も懐かしく、№1への入り口が判り難い。以前何回が来た時、GPSにルートを記入してあるのですぐわかったが、ここ1年半ばかり来てない間に、踏み後が大分はっきりして来た。最初に来たときは、赤色立体地図と首っ引きで3人で横に並んで広がり、穴を捜しながら歩いたのを思い出した。

背負子風穴№1

  背負子は、何回も入っているので私は外で待っていたが、友人が出てくるのを待って、富士風穴にむかった。
富士風穴№1も最近は、たくさんの人が訪れていると言う。
ここも上から眺めるだけにする。
今回は、ルートの確認と足腰が元の元気に戻っているかどうかの確認だった。どうにか歩けそうなので、また、別のコースも歩いてみたいと思う。
GG
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ