FC2ブログ

村山浅間神社 大棟梁権現社

  富士山麓ガイド 村山浅間神社 大棟梁権現社

  大棟梁権現社(だいとうりょうごんげんしゃ)は、富士修験の祖とも言われる末代上人(まつだいしょうにん)を祀る社殿で、村山浅間神社の境内の最も高いところに祀られています。
末代上人は富士山信仰の修行僧でここ村山に寺を建立し、富士山には数百回登り、富士山頂に大日寺を建立したと言われています。


  村山浅間神社に入ると大棟梁権現社に入る赤い鳥居が見えてきます。

大棟梁権現鳥居

  階段を20から30段登ると社殿が見えてきます。

大棟梁権現社

  現在は高嶺総鎮守と呼ばれて、村山地区の氏神様となっており、扁額にも「高嶺総鎮守」と書かれております。

額

村山浅間神社はスギの巨樹がたくさんある事が知られていますが、大棟梁権現社にも一本の大きなスギがご神木として祀られています。

ご神木

  お参りを済ませて階段を下ると途中に浅間神社の神殿が見えてきます。屋根の千木や鰹木がみえています。

村山浅間の神殿

  駐車場へ戻り、修験者が富士山へ向かった村山口登山道を車で行きますと、人家が無くなったところから畑の中の農道になります。すれ違いが困難な幅ですので、対向車を見定めながらさらに進むと最奥にロープが張られていて、それ以上は徒歩でないと進めません。
途中に開けた場所があり、富士山を望むところがありました。


村山口登山道からの富士山

  村山口登山道は、富士山頂へ向かう登山道としては、最初に作られた登山道です。しかし、宝永火山の噴火で使われなくなり、富士宮からの表富士登山道に変わり、さらに現在の富士宮口新五合目までの車による登山道ができると、ほとんど使われなくなりました。

  一度、ある個人(数人)によって登山道が再現され「村山古道」と名付けられましたが、公には登山道と認められませんでした。それでも、この道を登る人は現在もいるようです。
  この道を登ると、現在の富士宮口登山道の六合目に出ます。
(私は、村山古道を登ったのではなく、高鉢駐車場からのハイキング道から入りましたが、道はあまり判然としませんし、一度設置した標識もすべて外されましたので、道を知らない人は迷う危険があります。)
  
  GG  
 
  
スポンサーサイト



来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ