FC2ブログ

村山浅間神社 大日堂

  富士山麓ガイド 村山浅間神社大日堂

  神道の浅間神社に仏教の大日堂があるのは変な話ですが、なぜかを考えると明治新政府の神仏判然令によるところですので、別の機会にゆずるとして、大日堂の中の仏像などについてお話します。


  大日堂は世界文化遺産の構成資産になってから修復工事がなされたばかりです。
ご本尊の大日如来をはじめいくつかの仏像が納められています。

大日堂

祭壇の中央に安置されているのは木造の大日如来坐像です。大日如来は他に2体が安置されています。
大日如来坐像

  不動明王です。とてもおっかない顔をしていますが、大日如来の化身とも言われています。いろいろ調べるととてもすごい仏でもあるらしいです。もうちょっと調べないと、良く判らないです。
不動明王立像

  役行者。とてもすごい修験者で伊豆の大島に流された時、毎夜毎夜歩いて海を渡って富士山に登ったという行者です。
修験道の最初の頃活躍した人であるらしい。椅子に座っている姿を倚像(いぞう)と言うようです。

役行者倚像

  明治維新政府が神仏判然令を発布して、神道と仏教を分けて廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)を進めた結果、富士山にある仏像は全部壊されたそうです。頭を取られて捨てられていた仏像のいくつかが、この大日堂に並べられています。
首なし仏像

  大日堂のことは修験道をもっと勉強しないとよくわからないです。そもそも神道と仏教(修験道)が一緒に信仰されていた神仏習合の時代にさかのぼらないと根本はわからないし、不動明王のこともヒンドゥー教の最高神シヴァ神までさかのぼらないと理解不能です。
この大日堂は調べるととても面白そうです。休日に行けば案内してくれる人もいるので、その説明を聞けば少しは理解が進むかも知れません。

GG



スポンサーサイト



富士山でのシカ害対策

  富士山麓ガイド シカ害対策

  今年初めて富士山の中腹、標高1400mに行きました。
 静岡県森林管理署、常葉大学、NPOの共同で富士山のシカ害を防御するためのボランティア活動です。 
  南麓の標高1400mではまだ春の兆しは感じられません。日陰の陥没孔には雪が見つかることもあります。

  MCは常葉大学の山田教授。学生は1年生で2,3年生が各班のリーダーとしてついています。森林管理署からは、4名の署員が指導に当たります。 我々NPOは自然の仕組みを話したり、シカ害対策の作業の方法を教えます。
  学生の赤ヘルを見ると、年配者は昔の全学連を思い出しますが、今の学生には何の事か判らないと思う。しかし、富士山の森では枯れ枝が落ちて怪我をする可能性もあるので、ヘルメットは必需品です。
シカ害対策に参加した学生達

  ここの森は、夏緑樹林帯でブナ、ミズナラ、カエデ類で春は新緑、秋は紅葉で富士山の森では最も美しい森です。
その森で、キハダ、アオダモ、ウラジロモミなどがシカの害を受けて枯れています。


  下の写真は、幹の元の樹皮をシカに一周食べられて枯れてしまったウラジヲモミの大木です。このような枯れ木がこのあたりにはたくさん見られます。これ以上樹皮をはがされたら枯れてしまうだろうという木が非常にたくさんあります。
シカに皮を食べられて枯れた木

  まだ枯れていない木を守るために、幹の根元に網をはってシカが樹皮を食べるのを防止します。その網をはる作業をしている学生達です。
 網は、黒っぽい色で見分けにくいですが、美しい森の景色が損なわれないようにこの色を選んでいます。

網をはる学生達

  この冬を越えられなかった子ジカの死骸です。たぶんえさが無くて餓死したか、何かの病死でしょう。
小鹿の死骸

  小鹿が死んでしまうのも、樹木が樹皮を食べられて枯れてしまうのも、シカの数が多すぎるからです。そしてその原因を作ったのも人間だし、それを改善しようとしているのも人間です。

  GG


   

村山浅間神社

富士山麓ガイド 村山浅間神社

  富士山世界文化遺産・構成資産 村山浅間神社。
村山浅間神社は、構成資産として一つにくくられていますが、実際は、神仏習合で神道の浅間神社と仏教の興法寺大日堂が一緒に祀られている施設です。


  国道469を富士宮市または御殿場市側から行くと、北側(富士山側)にスギの巨木が何本も見えるところがあります。そこが村山浅間神社で、神社に向かって左側に駐車場があります。
  駐車場から浅間神社に向かうと石の階段があり上に鳥居が見えます。
村山浅間神社とりい

  鳥居を過ぎると正面に神社の拝殿がみえます。
お参りする人が少ないのがちょっとさみしいです。


村山浅間神社拝殿

 土日や祝日だと、社務所に地元の人たちが勤めていて、御朱印やお守りなどをを求めることができます。
世界文化遺産になる前は、社務所は開かれていなかったので、少し賑やかになりました。

村山浅間社務所
 
  ここの施設は神仏集合で神社とお寺の大日堂が並んでいますが、お参りする人は、ほとんどが大日堂に向かいます。
大日堂は、世界文化遺産になってから建て替えされたお堂で、中にはいくつかの仏像が安置されています。
  次回は、大日堂をご案内します。

  GG







来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ