FC2ブログ

米之宮浅間神社 富士山麓ガイド 

  富士山麓ガイド 

  米之宮浅間神社は現在富士市内のにぎやかな場所にあって、赤い鳥居が目だっています。創建は、古文書を焼失や水害などで失い、詳細不明なのだそうですが、平安時代頃から続く神社で、境内の広さも今の4倍くらいであったというデータもあるそうです。
  ご祭神は木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)で、第八の御子(海幸神)と第九の御子(山幸神)も一緒に祀られています。
  駐車場が米之宮会館裏にあるので、車を置いて表に戻り鳥居をくぐって境内(神域)に入ります。


米之宮浅間神社明神鳥居

 参道を進むと、型の違う二の鳥居がありますが左によって頭を下げつつくぐります。

米之宮浅間神社神明鳥居

  参道の右側にご神木があります。平成元年にご神木に指定されたという、静岡県神社廳の証明看板があって、2本の木があります。樹種を確認しなかったのですが、写真から見ると、クスノキとケヤキのようです。会館の裏には巨樹かと思われるクスノキがあります(注連縄が飾られています)が、ご神木には表のこの木が選ばれたのでしょうか。

米之宮浅間神社ご神木

  参拝前に手水舎で両手と口を清めます。竜神からたくさんの水がでています。どこの神社でも竜神の口から水が出ているところが多いのは、竜神が水神だからでしょうね。
残念ながら水道の蛇口が見えています。見えない方が神聖な気持ちになれるのですが・・・・


米之宮浅間神社竜神

  左右に狛犬が並んでいるのも、各地の神社と同じです。右の狛犬は口を開き、左のは口を結んでいます。

米之宮浅間神社左狛犬米之宮浅間神社右狛犬

  拝殿です。赤が良く目立ちます。赤色は魔よけの色なので神社では良く使われますが、本来は仏教からきている色のようです。お地蔵さまの首にかけられていることも多いですね。

米之宮浅間神社拝殿

本殿は神様が祀られている場所で、あまりはっきり見えない神社があります。ここも、周りが垣根や木で覆われていて、全体を見ることができません。
すこし拝殿の横に行ってみると、後ろに銅で葺いた、緑青色の屋根がみえます。千木や鰹木も確認できます。


米之宮浅間神社本殿

  この神社は前が富士市内の幹線道路なので目にはしていましたが、御参りしたのは初めてでした。
 境内は掃き清められていて、気持ちの良い空間です。近いしまた訪れようと思います。
 GG


2ヶ月短期集中ダイエット



スポンサーサイト



傘木の浅間神社 いぼ神さん 富士山麓ガイド 

  傘木(からかさぎ)の浅間神社。
 
 この浅間神社は、ただ浅間神社といいます。特定しにくいので所在地の傘木町から傘木の浅間神社と書きました。傘木の読み方はからかさぎです。

富士市の浅間神社と検索すると、富知六所浅間神社、米之宮浅間神社、浅間神社の三社がでてきます。
最後の浅間神社を地図を頼りにたずねました。西富士道路の広見ICを降りて、西へ約200m位の所に見つかります。
神社には広い駐車場がありますが、ロープが張ってあり中に入れないのでロープの脇に車を止めます。


  正面入り口の鳥居です。額にはただ「浅間神社」とのみ書かれています。

傘木の浅間神社の鳥居

  拝殿に向かう参道です。正面の白い建物が拝殿だと思います。建物の右側が傘木町公會堂になっています。
傘木町の人々が氏子になってこの神社をお守りしているのだろうと推察しました。


傘木の宣言神社の参道

  拝殿の後ろの木造の建物が本殿だろうと思われます。屋根だけが見えています。

傘木の宣言神社の本殿

  神社の右脇に山神社が祀られています。やはり額には「山神社」とのみかかれています。

傘木の山神社

  この神社の境内にいぼ神さんが祀られています。富士市の教育委員会がたてた看板があります。

いぼ神さんの説明

  いぼ神さんは真ん中に窪みがあります。いぼを治したい方は、看板にかかれた方法でお願いしてください。

傘木のいぼ神さん

  浅間神社の所在を知りたくてここへ来ましたが、神社には人がおらず神社の由緒を書いたものもありませんでした。
  境内は、掃除がいき届いていて、ゴミや枯葉がほとんどありません。氏子さんが本当に懸命にこの神社を守っていることがうかがえました。
  境内には、子供の遊び場もあるので、今度ゆっくり来てもう少ししらべようと思います。
  GG



フラセラプレミアムトライアル 1,800円+税




富知六所浅間神社の石像 ドラエモン のび太 しずかちゃん 富士山麓ガイド 

  富士山麓ガイド

  ブログのタイトルを富士山麓ガイドに変更しました。富士山や富士山麓のことなら何でも書くことができると思います。できるだけ多くの事柄を書こうと思っています。

  前回、富知六所浅間神社にドラエモンなどの石像があることを書きました。ドラエモンと、のび太としずかちゃんの石像だけ写真を載せましたが、他のキャストもご紹介します。


  まずは、前回と同じドラエモンとのび太としずかちゃんの写真から。富知六所ドラエモン富知六所のびた

  続いてスネ夫とジャイアンです。顔はあまり似ていないような気がします。
富知六所すねお富知六所じゃいあん

  しっかり者で、ドラエモンの面倒を良くみるドラミちゃん。
富知六所ドラミ

  最初はからかさ小僧かと思いましたが、目がないし下駄も履いていないのでお化けではないみたいです。ちょっと見たこともない灯篭かも知れません。
富知六所からかさ

  これは大きなガマガエルか? ちょっと意味不明です。富知六所かえる

  まだまだ寒い日が続きますが、たくさんの記事集めにがんばろうっと。
  GG







富知六所浅間神社 別名三日市浅間神社 富士山麓ガイド

富士山麓ガイド 富知六所浅間神社

  初詣に富士市の富知六所(フジロクショ)浅間神社に出かけました。
出かける途中、東海道新幹線のガードにかかった時、ドクターイエローを見ました。これを見るのは縁起の良いことと言われているので、新年早々ラッキーと思いました。

  富知六所浅間神社は、地元では三日市の浅間さんと言われています。住所表記が変更されてしまったのですが、元々の住所は三日市と言われていた場所です。だからなのか、鳥居に掛けられているバナーには、三日市浅間神社と書かれています。
 
富知六所鳥居

  拝殿はつくり変えたばりかでとてもきれいです。
富知六所拝殿

  拝殿の後に雪をかぶった富士山の頂上が見えています。
富知六所富士山

  拝殿の正面に彫刻された鳳凰がみえます。まだこういう仕事をする人がいるんですね。こうした彫刻や像の頭の飾りなどで、拝殿がとても格調高く感じられます。
富知六所鳳凰

  後に廻ると本殿を仰ぐことができます。
主祭神は大山祗命(オオヤマヅミノミコト)。
相殿神として、木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)が祀られています。

富士山麓ガイド 富知六所本殿

  ご神木はクスノキです。樹齢はわかっりませんが幹の直径は6m余りで堂々の巨樹です。ただし、幹の中央は腐ってしまって空洞になっでいます。それでも樹勢は旺盛で枝葉は茂っています。

富知六所クス

  境内になぜかドラエモンやのびたとしずかちゃんの石像があります。神社で働いている方に伺っても何のためにあるのかわかりませんでした
富知六所ドラエモン富知六所のびた

  他にドラミちゃん、すねおやジャイアンに似た石像、ピカチュウの石像もありました。
これらの石像の意味が不明なのは残念ですね。
拝殿へ行くには、数段の階段を登りますが、車椅子や足の不自由な人のために階段の横にスロープが作られているのは、良い配慮だと感じました。
GG



南麓の富士山を見る

富士山隠れスポット

  南麓の富士山を見て廻った。
一日中快晴で、頂上に雲がかかることはあまりなかった。
まずは、世界文化遺産の構成資産の一つ、三保の松原から。


富士山隠れスポット美保

  三保の松原のすぐ近くの日本平に向かった。
山頂からは清水港が一望できる。カメラをズームアップすると富士山が大きく見えます。


富士山隠れスポット日本平

  日本平頂上直下にある日本平ホテルに行き、一階のレストランでビールを飲みながら富士山をながめる。
富士山隠れスポット日本平ホテル

  車をちょっと富士山に近づけて、薩埵峠に向かう。もちろん私は運転はしません。
ビューポイントは、誰かが見つけた場所で、戦国時代に使われた道。今は、農道やハイキング道として使われている道です。
この写真は何かで見たことがある人も多いと思います。
  

富士山隠れスポット薩埵峠

  さらに東に進めて、富士川河口に来ました。ここは近くに富士山の溶岩が流れてきた跡もあります。どの山にもさえぎられずに、海抜0mから富士山の頂上まで見ることができます。

富士山隠れスポット富士川河口

  最後に岩本山に行きました。公園と梅園が作られています。ロウバイが咲いていましたが、普通の梅が咲き始めるとカメラマンがたくさん集まるところです。梅と富士山の組み合わせで腕をふるいます。
  私は、頂上に作られた展望台で富士山を撮りました。


富士山隠れスポット岩本山

  あっちこっち移動しながら富士山を撮りましたが、最後は太陽が西の山の向こうに沈んでしまいました。
アーベントグリューエンを期待しましたが、そこまで赤くなってはくれませんでした。
GG


お酒のデパート
日本全国の銘酒を始め、おいしい酒をあつめました










来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ