FC2ブログ

グランドキャニオン

富士山隠れスポット

  富士山のグランドキャニオンと呼ばれている谷へ行った。
すばしり口登山道の五合目に行くアザミラインを車で行き、旧馬返し付近の路側帯に車を置く。
ここが登り口。

富士山隠れスポットグランドキャニオン01

  あまりはっきりしない登山道を注意しながら進む。キノコ道という、キノコ採りが歩く道が有る。間違えないように慎重に進む。

  すぐに、谷の入口に着く。
登山道は、谷の縁を登るのだが、立ち入り禁止のロープをくぐって谷へ下りる。谷底は水が流れた跡なのか、平らで歩き易い。
フジアザミの群生に出会う。何種かのチョウがいる。
富士山隠れスポットグランドキャニオン02

  すぐグランドキャニオンらしき景色になる。富士山隠れスポットグランドキャニオン03


  順調に進むと、谷はどんどん深くなる。アメリカのグランドキャニオンは知らないが、なんとなくそれらしい景色になる。
富士山隠れスポットグランドキャニオン04

  このあたりが一番深い所か。あまり見たことがない谷の風景だ。 富士山隠れスポットグランドキャニオン05

  グランドキャニオンと呼ばれる谷は、それほど長くない。谷から正規の登山道に戻るべく、草付きのところの斜面を直登する。
登山道をしばらく行くとヒキガエルに会った。近頃山でもあまり見ないので写真に収めた。

富士山隠れスポットグランドキャニオン06

  緩やかな登りの登山道を、キノコを見たり鳥を見たりしながらしばらく行くと、五合目の山小屋付近に出る。キノコ採りで山は大賑わい。そこを小屋とは反対の方へ進むと、小富士にでる。富士吉田の街が下に見える。ここで弁当にした。
富士山隠れスポットグランドキャニオン07

  小富士付近から山小屋の付近は以前からキノコが良く採れる所で、良く通った思い出がある。キノコの食毒の見分けがつかなければ、東山山荘の社長が無料で鑑別してくれる。
  ただし、ある程度見分けられるようにしていかないと、食でも毒でも全部採ることになるので環境には良くない。毒キノコだって自然の中では役割を果たしている。菌根菌としていずれかの樹木を助けているものもあるはずだから。

帰りは、自動車道を歩いて旧馬返しまで下りた。ただ、車道はジグザグだからその通り歩くと長い距離になるので、まっすぐつっ切って下った。万歩計を見たら、30000歩を少し超えていた。明日以降の筋肉痛が思いやられる。
GG



スポンサーサイト



来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ