FC2ブログ

新穴にもぐった

富士山隠れスポット

富士宮市の人穴浅間神社(富士山文化遺産の構成資産のひとつ)の奥に新穴(しんあな)と呼ばれる洞窟がある。
江戸時代の富士講の聖地のひとつでもある。人穴浅間神社から歩いて15分位の所だ。
ちょっと小高い溶岩流の横腹に小さな入口がある。入口の前に「天下泰平」と刻まれた石碑がある。

富士山隠れスポット1新穴

中に入ると洞窟は右手に向かっている。入口のすぐ近くにお地蔵さんが祭られている。
富士山隠れスポット2新穴

入口からやや下ると、広いドームがある。足元は岩がゴロゴロしていて歩きにくい。
富士山隠れスポット3新穴

少し奥に進むと溶岩洞窟の中の気温が高くなる。何だかモヤっていて、冷たいカメラのフィルターが曇ってしまう。何度も曇りをふき取りながら撮影する。
気がつくと天井に4頭のコウモリが冬眠していた。

富士山隠れスポット4新穴

奥に行くにつれて足元が平らになる。明らかに溶岩が流れた様子がうかがえる。
富士山隠れスポット5新穴

広くなり平らな洞窟をどんどん進む。やがて徐々に天井が低くなりかがんで歩くようになる。
富士山隠れスポット6新穴

溶岩洞窟の最奥に仏様が祭られていた。この辺は中腰で何度もヘルメットが天井に当たる。
富士山隠れスポット7新穴

入口から30m位と思われるが、良い溶岩トンネルだった。
ただ外気よりかなり気温が高くて、モヤがありカメラのフィルターが曇るのには閉口した。
人穴(平成26年現在入洞禁止)より細長い溶岩トンネルだが、あの熱が何処から来るのか不思議な気がした。
G.G.
スポンサーサイト



雁の穴を探した

富士山隠れスポット

北富士演習場の中にある雁の穴を探した。
北富士演習場には、日曜、祝日でないと入れない。日曜、祝日はゲートが開いているので、車で演習場に入る。
雁の穴は地図に載っているので、近くの広い所に車を止めて歩く。
雁の穴はすぐに見つかるが、小高い丘になっていて、頂上に溶岩樹型(?)のような穴があるが、洞窟があるようには見えない。

富士山隠れスポット雁の穴0

雁の穴の近くに、溶岩トンネルが崩れたような大きな窪地がある。そこには崩れ穴という標識がついている。
中に降りると、穴の周囲に数箇所の洞窟がある。

富士山隠れスポット崩れ穴1

一番大きな洞窟。背の高い友人が楽々立っている。
富士山隠れスポット崩れ穴2

洞窟内の圧力が高まった時、天井が上に押し上げられて固まるという。天井は三角に、床は平らになっている。 富士山隠れスポット崩れ穴3

この洞窟は大きいが、長くはない。ここが末端。
富士山隠れスポット崩れ穴4

この洞窟は結構奥行きがあって、途中から天井が低くなって四つんばいでないと奥に行けない。
富士山隠れスポット崩れ穴5

ここで行き止まり。
富士山隠れスポット崩れ穴6

これまで雁の穴は、側火口と思われていたが、最近の研究では、溶岩トンネルの出口という説が有力。しかし、住宅地域のすぐ近くに溶岩が噴出した穴があった訳で、その恐ろしさは同じです。
G.G.
来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ