FC2ブログ

富士山北西麓 野尻草原

富士山隠れスポット

富士山北西麓は側火山がたくさん集まっている地域。
その中に、貞観噴火の時に溶岩が流れなかった地域がある。
そこだけが現在ススキの草原になっている。

片蓋山のふもとに車を置いて、軽水林道を北に向かう。
ゲートがあって車は入れないが、立派な舗装道路で前方に大室山が見える。


富士山隠れスポット大室山1

しばらく下った所から左へ折れて野尻草原へ入るのだが、入口がわからない。GPSを見ながらススキの草原に入って道を探すと割合簡単にそれらしい道が見つかる。周りは一面のススキの原っぱ。向こうに見えるのは片蓋山。

富士山隠れスポット野尻草原

野尻草原は道が判りづらいが、しばらく行くと溶岩台地が出てきて、深い森が現れる。
青木ヶ原樹海の一部だ。
その入口にトラックの残骸がある。昔、このあたりにトラックの通れる林道があったことが伺える。


富士山隠れスポットトラック

森には、はっきりした幅の広い道が続いている。すぐにブリスターや溶岩樹型、スカイライトらしき穴が現れる。溶岩台地は荒々しく、入り込んだら出るのが大変だろうなと感じる。

富士山隠れスポット溶岩

道は大室山のふもとに沿って北東に進む。ぬた場がいくつも現れる。
イノシシの食痕やシカの足跡が無数にある。たくさんの動物の生息地帯であることを強く感じながら歩く。熊がいるかも知れないけど同行三名のそれぞれの熊鈴がよく鳴る。熊は出てこないだろうが、シカやリスも逃げてしまうだろうな。


富士山隠れスポットヌタバ

聞こえてくるのはカケスのギャーギャー啼く声だけだったが、突然オスジカの鳴き声が聞こえた。メスを呼ぶ雄たけびだ。
「奥山に もみじ踏み分けなくしかの」・・・・と知識をひけらかしながら歩く。
しばらく歩くとTの路が現れる。神座風穴への分かれ道だ。右折してすぐ、神座風穴に出会う。深くて大きくておっかない穴だ。天然記念物と彫った石柱も立っている。前にS氏と来たので様子は判っている。


IMG_7892神座

IMG_7906石柱

約1km行くと精進登山道と出会う。南東へ方向をとり、約400m進むと元の軽水林道との交差点。右に曲がると、真っすぐな林道が遠くまで見通せる。紅葉はいまいちだが、林道は落葉の絨毯でなかなか趣がある。

IMG_7965軽水林道

IMG_7960紅葉

今日はくもり勝ちだったので、「晴れてたら紅葉がもっときれいだったろうね」とぞ言いながら、出発点へ向かう。
帰りの道はちょっとした上り坂。ヤマブドウを見つけて食べる。酸っぱかった。

出発点から終点まで、歩行3時間半、平坦な道を約10km歩いた。
途中、人には全く出会わなかった。
リスとシカを見かけたのと、オスジカの雄たけびを聞いた。

富士山のふもとの、秋の草原と森を満喫できた。
スポンサーサイト



今日の富士山

富士山隠れスポット
今日はまさに日本晴れ。全天に雲ひとつなく空気は澄んでいる。
秋の風情を満喫する。気温はまだ暖か、昼には暑くなるかな。
富士山の雪はちょっと減った。


富士山隠れスポット頂上


今日の富士山の雪。

富士山隠れスポット上半分

昨日の富士山の雪。

富士山隠れスポット初冠雪

新幹線からも雪の富士山が良く見えることと思う。

富士山隠れスポット全景

これから、晴天が続きそう(富士宮市の10間天気予報は、22日に一時小雨以外ほとんど雨は無い)なので、今ある雪が融けそうで・・・・・・

G.G.

富士山の初冠雪

富士山隠れスポット
富士山が初冠雪した。
どうりで今朝は寒かった。
ほぼ7合目まで雪が積もっているようだ。
やっぱり富士山には雪がないとね。


富士山隠れスポット初冠雪

ズームアップ。

富士山隠れスポットUP

昨夜降った雨の水溜り。河川敷の駐車場に逆さ富士。

富士山隠れスポット逆富士

砂利の機械の向こう側に。

富士山隠れスポット砂利機械富士

富士山南麓では、初冠雪が根雪になることはまれだ。
次の積雪までには融けてしまうのが例年だが。
今年は初冠雪が例年より16日遅いので、どうなることか。

今日の夕方には、宝永火口あたりの雪はだいぶ融けているようだった。

G.G.

台風一過

富士山隠れスポット
台風19号が列島を縦断した。当地方では朝、通過した。
久しぶりに富士山の雲が取れた。


富士山隠れスポット台風一過

富士山の森林限界付近の草もみじは、かなり進んでいるようだ。森も色づいている様子がうかがえる。

富士山隠れスポットアップ

富士山から愛鷹山塊まで、雲がかからずに見えている。

富士山隠れスポット愛鷹山

台風は去っても海はまだうねりがあるようで、富士川河口は、水が増えたことと合せて波が荒れている。

IMG_7666河口

今度の台風は、上陸してからスピードが増しつつ、勢力は減少した。
沖縄を通過するころは、強大な台風だったので、早くから対策が取られた。
18号では対策が遅くて被害がでたことや、磐梯山でも火山性地震があったのに、何の処置が取られなかった。
そのせいでは無いだろうが、今回は危機管理対策が早かった。

本当は、この位の過剰と思われる位がちょうど良いのかも知れない。
観光商売や営業利益より命を守ることの方が、優先されるべきだろう。

G.G.

富士山南麓のススキの原

富士山の隠れスポット
この前見に行ったススキの原を再びたずねた。

前回とあまり変化は無いようだった。


富士山隠れスポットのススキ

富士山隠れスポットのススキ

原っぱの横にコブシの木があって、実がなっていた。

DSC04236コブシ

このコブシの実の形が拳に似ているのでコブシと名づけられたとか。
私には、ちょっと拳に見えないけど。

G.G.

富士山南麓の黄葉

富士山隠れスポット。
富士山南麓の黄葉を見に行った。
富士山スカイラインの標高1200m付近。

ブナやミズナラは、少し黄葉が始まっているようだ。

次の画像は、ミズナラの枝と幹。もちろん巨樹。

IMG_7575ミズナラ

IMG_7576ミズナラ

次はブナの枝、2点。
IMG_7573ブナ

IMG_7584ブナ

台風19号が近づいている。
予報通りだと、富士山にまともにぶつかりそうだ。
黄葉しかけた葉が落ちてしまわないか、心配だ。

G.G.

富士山南麓の自然林(2)

富士山隠れスポット
富士山の巨木調査に参加した。森では樹木だけでなく、草花やキノコにも出会った。
時季的にキノコの種類が多かった。
この画像は、ツキヨタケ、ヒラタケの意見があった。
柄に黒いシミが見つからなかったので、巨大なヒラタケと私は思ったが・・・・。


DSC04219キノコ

最初に森の中でこれに出会った時、変なものがあるなと思った。
ヤマシャクヤクの種で、赤いのは結実していないもの、黒くて丸いのが結実した種。
これはたぶん、シロ花。ベニバナヤマシャクヤクは盗掘でもうほとんど見ることは無い。


DSC04226ヤマシャク

動物と出会うことはまず、無い。何人かが熊鈴を鳴らしているからか、それを聞いた動物はみんな逃げてしまう。
シカの寝床はいくつも有るけどシカには出会わない。
アカゲラ(もしかしたらアオゲラ)のドラミングはずっと聞こえていたが・・・
この画像はリスの食卓。ウラジロモミのボックリを食べた跡。奥においてあるのは、落ちていたのを私が置いた、やらせ写真。リスが帰ってきたら食べてくれるかな?と。


DSC04224リス食卓

きれいだけと猛毒のレイジンソウ(伶人草)。トリカブトの仲間。トリカブトも咲いていたけど、次のを撮ろうと思っていたら、その後、見かけなかった。

DSC04228レイジン

森を出てからスカイラインを歩いていた時、日当たりの良い道端で見つけたジイソブ。

DSC04231ジイソブ

今回の調査は、スカイラインに平行した標高1300m付近。
登り下りもなく時折スカイラインを走る車の音も聞こえる場所。
たくさんの自然美と出会うことが出来た。
名前はわからない数々のキノコ、シカの寝床、紅葉を始めた葉っぱ。(イタヤカエデ)
また、森に会いに来ようと思う。

G.G.

富士山南麓の自然林

富士山隠れスポット
富士山南麓の自然林の巨樹調査に参加した。
林道や遊歩道からはずれて、森の中に入って行く。
調査地帯は、ブナ帯あるいは山地帯といわれる落葉広葉樹のブナやミズナラ、カエデ類の多い所。


IMG_7539南麓樹林

次の画像は、カツラの巨樹。
親の幹は枯れてしまって主幹の周りにはえていた「ひこばえ」の子どもの幹で巨樹に育っている。


IMG_7548カツラ

巨樹調査は、木だけでなく林床の草類も調査する。これはかなり専門的で、私には全くわからない。

IMG_7550林床調査

次の巨樹はミズナラ。ミズナラは巨樹が多い。樹齢も400年以上のものが多いそうだ。

IMG_7559ミズナラ


次の画像はブナ。

IMG_7571ブナ

ブナの樹皮は白い。地衣類が樹皮に着生するのでまだらに見える。
ブナ林は白神山地が有名だが、富士山にも素敵なブナ林は多い。
ブナ帯と言われる標高1300m付近の落葉広葉樹の森は、富士山全体を通して最も美しいスポットだ。


G.G.
来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ