FC2ブログ

御殿場口 二ツ塚

  富士山麓ガイド 御殿場口二ツ塚

  御殿場口の二ツ塚付近を歩いた。
  私が属しているNPO ホシガラスの会がこのあたりの環境状況(年間を通しての温度、動物の生息状況)調査をするために、温度センサーとセンサーカメラを設置するので同行しました。
  御殿場口の駐車場につくと富士山が見えていました。頂上の雪はだいぶ解けて夏らしくなっていたのに、昨夜の雨が頂上では雪だったようで、少しですが積もったようです。
  御殿場口からの富士山

  すでに初夏を迎えている一帯は、新緑も夏の葉に変わりつつあり、カラマツもきれいな黄緑色の葉を伸ばしています。
  なんと言っても賑やかなのは、エゾハルゼミです。多くの鳥が繁殖期ですがさえずりが聞こえないくらいです。

  下の写真はネズミサシで、この辺りでもあまり見ないようですが、幕岩登山道の脇にありました。針葉が細く鋭いので、ねずみの通り道に置いておくと、ねずみが嫌がって通らなくなるという説明があります。
  幕岩登山道のネスミサシ

  二ツ塚の麓に来ると森林限界です。カラマツの高さが急に低くなります。通常は徐々に低くなるのですが、ここは極端に変化します。かすんでいる御殿場市街地に東富士演習場がみえます。黄緑色になっている細長い部分です。 
   二ツ塚麓の森林限界 二ツ塚麓から演習場

  二ツ塚の向こうに富士山頂が霧の晴れ間に顔を出しました。
  二ツ塚の向こうの富士山

  白く見えるのは、シロバナノヘビイチゴです。群生があちらこちらにあります。ヘビイチゴと言っても赤い実は小さいですがとても甘いです。毒ではありません。ただのヘビイチゴも毒ではありませんが、甘くはありません。
  二ツ塚麓のシロバナノヘビイチゴ

  写真の穴は、ウサギが掘った穴だと教えられました。何のために掘ったのか判りませんが、フジアザミを掘って、ごぼう根を食べた。あるいはとげだらけの葉も食べたか?、寝床か?、想像はその位。
  二ツ塚麓のウサギの穴

  下の写真は明らかにイノシシの掘りまわした跡。何かの根や芽を掘って食べたか、ミミズ等の生き物を探した跡。
  二ツ塚麓のイノシシの掘った跡

  写真はヒメスイバ。本来、この標高にはない草。
  御殿場口の荒地を森にしようと、がんばって木を植えた人々がいます。気持ちはよくわかりますが、この地に本来は無いはずの木を植えてしまったり、下でそだてて持って来た苗木の中に、この標高にはない草の種か苗が混ざっていたりして、結局侵入植物になってしまった草が、この他にもたくさんあります。
  ヒメスイバ

  二ツ塚の麓に温度センサーやセンサーカメラを取り付け、新五合目付近では、侵入植物を調査したりしているうちに、日もだいぶ傾きました。鳥居の先は富士山登山道ですが、まだ通行止めの標識が見えます。
  御殿場口新五合目の鳥居

  御殿場口新五合目付近では、植樹をしてくれた行為の裏で、侵入植物の種か苗を一緒に植えてしまったらしい現象がおこっています。侵入植物がたくさんあるので、それらを駆除する作業が必要になっています。
  そんなつもりじゃなかったです~~と言っても手遅れです。
  GG



スポンサーサイト



来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ