FC2ブログ

蕎麦 どあひ 富士山麓ガイド

  富士山麓ガイド

  富士山のふもと、富士宮市の山間にそばやがあります。とてもおだやかでやさしい夫婦二人で営むそばやです。
店名の「蕎麦 どあひ」はここの地区名だと伺った記憶があります。
  
  国道469号を御殿場側から富士宮側に向かうと、村山浅間神社の手前左側に「どあひ」の案内板が見つかります。
 そこを左に下りてゆきます。道は車一台がやっと通れる農道。すれ違う場所を確認しながら進みます。
  約1km位下ると、看板が見えてきます。

 どあひ看板

店舗は森を切り開いたところにあります。周りには小さな畑もあって季節の漬物などをつくるための野菜をそだてているようです。
どあひ店舗

  メニューはシンプルでこれだけです。
どあひお品書き


  もりそばです。これは季節限定の芝平(しびら)在来そばです。信州高遠の奥、芝平地区で守られてきた在来種です。この地区は現在、全村、離村し畑だけが残っており、通いの農業で在来そばを守っています。
  それを毎年譲ってもらい打っているそうです。今年はまもなくそばの実がなくなるとご主人は言ってました。

  これは、食べている内に香りといい、こしといい、噛んでいる感じと味が口中にひろがります。言葉で言い表せない他の地区や輸入のそばとの違いが伝わってきます。  

どあひもりそば

  おしるこは左党の私でもおいしく感じるさわやかな甘さ、中の餅は、実はそばがき。そして添えられた塩昆布がおしるこの味をさらに引き立たせる。
どあひおしるこ

  そばから作った豆腐で、ここで初めて食べました。ごくわずかに入れたつゆと良くマッチします。
どあひそば豆腐

  店内にはテーブル席が4卓あって、どの席からも森を見ながらくつろげます。鳥の多いのも自然を深く感じる一因かもしれません。冬でも薪のだるまストーブで寒さを感じません。
どあひだるまストーブ

  店の前には農道が通っていますが、その両側に駐車スペースがあります。山の中のひなびたそばやの全景です。
どあひ全景

  そばを食べるときの楽しみの一つに、そば湯を飲むのも大事な事柄です。ここのそば湯は絶品です。とにかく濃い。
  ここは、そばを食べに通うには我が家からはちょっと遠い。でも旨さを知ってからは良く通います。
  今までは、火水が定休日だったのですが、最近木曜日も加わった。週休3日。そばを挽くのも打つのも重労働だから、年齢的にはきつくなっているのかなと、勝手な想像をしています。

  GG


スポンサーサイト



えいちの村 朝霧高原のカフェレストラン 富士山麓ガイド

 富士山麓ガイド

  節分の日のきょう、ちょっと出かけた時、新幹線が見える信号で止まっていたらドクターイエローが通過しました。縁起の良い日に今年2回目の黄色い新幹線に会いました。恵方巻きを食べなくても良いことがありそうです。

  今日はこの間出かけたお店を紹介します。

  それは富士山の麓の朝霧高原の真ん中にある「えいちの村」というカフェレストラン。
  朝霧高原の真ん中を、県道71号が通っています。静岡県の富士宮市から山梨県の鳴沢村に通じる道路で、元々は朝霧高原に入植した人々の生活道路でしたが、いつの間にか静岡県と山梨県の間の裏道として知られるようになりました。
 
その道の中ほどの信号のない交差点に写真のような看板があります。


えいちの村看板

  東方(富士山側)へ曲がるとすぐ空き地があります。そこが駐車場です。すぐお店の全景が見えてメニューが立ててあります。
きょうのランチとケーキセットそれにソフトクリームのメニューです。

 
えいちの村お店えいちの村メニュー

 店内は10人位が座れるテーブルといす。店の外にもテーブルがあります。冬季は寒いのでビニールハウスになってます。

えいちの村店内

 きょうのランチの「鯖の塩麴焼き」です。小鉢はワカサギのから揚げ、ごぼう、煮物、オカラなど。鯖に油がのっていて結局全部たいらげました。

鯖の塩麴焼き

 もう一品は豆乳グラタン。これは私は食べませんでしたが、とてもおいしいそうです。(同行者の言。)

豆乳のグラタン

 ランチはデザートつきで、チーズケーキとアイスが出てきました。
おいしいランチとデザートで¥850.-はとても安いと思いました。日曜日でしたがとても人気があって、店内も外のビニールハウスも大勢の人で混んでいました。

 
デザート

 「えいちの村」は朝霧高原の真ん中で富士山がすぐ近くです。見えてるのは富士山の西麓です。右側の深い沢は大沢崩れです。毎日300トンくらいの岩石が崩落しているそうです。昭和の初め頃は五合目付近にお中道が通っていて人が横断できたそうですが、今は通行禁止になってます。いつ岩が落ちるかわからないからです。

えいちの村からの富士山

 以前に来たのは昼食時を過ぎていたので、はちみつのソフトクリームを食べましたが、クリームが濃厚で今まで食べたことが無いようなおいしさでした。

 県道71号は冬季以外は良く通るので、また寄りたい店です。
 GG


出版社からのコメント
<田舎暮らし> 田舎暮らし、スローライフがひとつの流行になっている。都会を離れ、自然とのふれ合いを求めて郊外や田舎に移り住む人たちが増えている。筆者は10年前に東京から富士のすそ野・朝霧高原に移り住んだ。田舎暮らしを1から始める苦労、そして楽しさを、明るく奔放に語ったバイタリティーあふれるエッセー。

            
来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ