FC2ブログ

夏の石塚火口

 石塚火口へ行った。

 石塚火口へ友人を案内した。
前に行ってからしばらくたつので場所をうろ覚え。
何とか探しあてて気が付くと、本栖風穴の近くだった。
ずいぶん遠回りをして来たのだ。

  早速火口底に降りてみた。溶岩が階段状になっているので簡単に降りられる。
底まで、高さで10m位だろうか。


富士山隠れスポット石塚火口1

  
  底から上の樹木を撮る。前回来たのは晩秋だったので、樹木は葉を落としていた。
緑の葉を付けている時来たいと思っていたので、良い機会だった。


富士山隠れスポット石塚火口2

ここは訪れる人が少ないが、火口底からの景色が良いので、私のお気に入りだ。GG


スポンサーサイト



石塚噴火口第2?へ行った

 富士山隠れスポット

  以前、偶然見つけた石塚噴火口第2?へ行った。
 第2?としたのは、どこにも第2の文献が出てこないので、とりあえず”?”マークを付けた。
 石塚噴火口第1は、すごく大きい噴火口だが、そのスコリア丘の南斜面の外側に大きな口を開けているのが、第2?だ。
 噴火口の縁まで登って、カメラを構えるとレンズに全景が収まらない。次の写真は全体の  1/3位。


富士山隠れスポット石塚2-01

  急斜面をフジつるにつかまりながら降りて、噴火口をのぞく。噴石類がやけに赤い。火口底はそんなに深そうにもないので降りることにした。

富士山隠れスポット石塚2-02

  火口の噴石が階段のようになっているので、簡単に降りられる。

富士山隠れスポット石塚2-03

  交代で記念写真。

富士山隠れスポット石塚2-04

  火口底から空を撮った。落葉樹の葉を落とした姿も趣があるが、新緑や黄葉の時にも来たいと思った。

富士山隠れスポット石塚2-05

  石塚火口から流れ出た溶岩が、下流の富士風穴№1や本栖風穴№1、№2を作ったという文書があった。
 この噴火口の正式な名前は、専門家に尋ねようと思う。

 GG






来訪者カウンター
Since 2014.09
最新記事
カテゴリ